ハセ歯科 咬み合わせ治療

咬み合わせの治療

咬み合わせ-小見出し1

咬み合わせ(下顎の位置)は全身のバランスに影響します。
また、咬み合わせが悪いと姿勢を歪ませ、機能にも異常をきたします。
よく咬めない、顎が痛い、顎関節が痛い、歯がしみる、歯が揺れる、
又は頭痛や肩こりなど、これらの症状を改善するには、悪い生活習慣を自覚し、
顎のズレを修正し、良い咀嚼運動を回復することでお口や全身の健康を保ちます。
正しく咬めていないと次のようなことが起こります。

  1. 胃腸が弱くなり胃腸障害を起こす。
  2. 太りやすくなる。(早食い) 入れ歯が痛くて噛めない。
  3. せっかく入れたインプラントや、かぶせが噛めない。
  4. 精神的な問題が生じる。 不定愁訴がでることがある。
    (頭痛、首や肩こり、腰痛など)
  5. 顎関節症
  6. 歯周組織や歯破壊。
  7. 顔の歪み

当歯科医院ではあなたが本当に正しく噛めているかどうか検査する機械を導入しています。 検査をご希望の方はお問合わせください。

ものを食べる時におこる咀嚼運動と、言葉を話す時におこる発話運動。両運動を同時に測定できるのが、 こちらのシロナソアナライザーWです。専用のヘッドセット(アンテナアレイ)をつけて、 一定時間話したり咬んだりするだけで 話す時にどんな風に顎が動いているか、咀嚼時の左右のバランスなど様々な視点から測定していきます。